北山森クラブ

アブラチャン
Lindera praecox
クスノキ科
クロモジ属
アブラチャンの名前(なまえ)は、この()油分(ゆぶん)(おお)いからだと()われています。タネのほか樹皮(じゅひ)(しぼ)って()った(あぶら)は、頭髪用(とうはつよう)使(つか)われていました。根本(ねもと)から(みき)群立(ぐんりつ)する特徴(とくちょう)から、“ムラダチ”とも()ばれます。()はよく()え、(ねば)りがあってちょうどいい(ふと)さなので(つえ)にしてつかったりしてました。佐賀県(さがけん)では標高(ひょうこう)(たか)落葉樹(らくようじゅ)(もり)湿(しめ)った場所(ばしょ)()ることができます。
花が咲く時期
3~4月
実がなる時期
9~10月
分類:落葉低木
アブラチャンの花
アブラチャンの実
アブラチャンの葉
アブラチャンの樹皮
アブラチャンの冬芽

つながってるいきもの

アカトビハマキ(

ウストビハマキ(

クスベニカミキリ
からだ円筒形えんとうけいあかく、ふとくてくろ触角しょっかくをピンとまえそろえて独特どくとく格好かっこうをしているのがクスベニカミキリです。むかしはアカメガシワのはななどにまわるのがられましたが、最近さいきんはなぜか急激きゅうげきにいなくなっています。食樹しょくじゅったわけではないのです。幼虫ようちゅうはクスノキ、タブなどのほそ枝先えださき内部ないぶべます。小指こゆびぐらいの部分ぶぶんからとす生態せいたいがあります。
クスベニカミキリ

ウスクモエダシャク(

クロモンキリバエダシャク(

チャマダラエダシャク(

トビイロカミキリ
クリなどのはなあつまり、灯火とうかにもます

ナミスジエダシャク(
触角しょっかく櫛歯状くしばじょうではありませんが、かなりなが微毛びもうっています。

わかるかな?(3択クイズ)

問題です。

答え
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。

佐賀とのつながり

イベント