北山森クラブ

モッコク
Ternstroemia gymnanthera
サカキ科
モッコク属
佐賀県では海抜かいばつ500メートル以下のあたたかい地域で見られます。葉は一年中青々あおあおとしていて、秋には赤い実がたくさんついてたいへんきれいなので、庭木にわきとしてよく植えられています。庭木にわきの王とも言われています。木材もくざいは赤くきれいです。
花が咲く時期
7月
実がなる時期
10月
分類:常緑小高木
モッコクの実
モッコクの葉
モッコクの樹皮

つながってるいきもの

モッコクヒメハマキ
公園こうえんなどでんだモッコクが密植みっしょくされている場合ばあい、よく若芽わかめ部分ぶぶん軒並のきなれたようにきたならしくなっていることがあります。これはおそらくモッコクヒメハマキという小型こがた幼虫ようちゅう発生はっせいし、加害かがいしているにちがいありません。かえって山中やまなかに1ぽんぽつんとえているおおきなモッコクにはほとんどがいがないのが面白おもしろいです。こまった害虫がいちゅうですね。

モッコクヒメハマキ幼虫ようちゅう

モッコクヒメハマキさなぎ

やってみよう!

わかるかな?(3択クイズ)

×不正解
×不正解
×不正解

佐賀とのつながり

イベント