北山森クラブ

エゴノキ
Styrax japonica
エゴノキ科
エゴノキ属
しろはなえだからたくさんすずなりにたれさがってくのでたいへんきれいです。わかをつぶしてなめると、“えぐい”のでエゴノキとよばれるようになりました。みずなかでは泡立あわだち、むかしは石鹸せっけんのかわりに使つかってたので、石鹸せっけんともよばれます。
花が咲く時期
5月
実がなる時期
7月
分類:落葉小高木
エゴノキの花
エゴノキの実
エゴノキの葉
エゴノキの樹皮

つながってるいきもの

エゴツルクビオトシブミ

がやっとひろがりえた初夏しょか、エゴツルクビオトシブミはかたき、なかたまごけます。枝先えださきさがすといたがいくつも普通ふつうつかるでしょう。名前なまえのオトシブミは「としぶみ」とき、むかしひとひとにこっそりらせたいことをかみいてみちにそっといていたもののことで、いたとしぶみのようにえるのでこの名前なまえになっています。
エゴツルクビオトシブミ


やってみよう!

わかるかな?(3択クイズ)

×不正解
×不正解
×不正解

佐賀とのつながり

イベント