北山森クラブ

イボタノキ
Ligustrum obtusifolium
モクセイ科
イボタノキ属
山野さんやでふつうにられるです。生垣いけがきえられることがおおでもあります。このえだにイボタカイガラムシがつき、イボタロウというしろいろうをつくります。このろうを使つかってむかしは、家具かぐのつやしやのすべりをよくするのに使つかわれました。またイボタノキのはしでごはんをべると短気たんきなおるというつたえがあります。
花が咲く時期
7月
実がなる時期
10月
分類:落葉低木
イボタノキの花
イボタノキの実
イボタノキの葉
イボタノキの樹皮

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

イボタガ

がつから4がつごろの早春そうしゅんかぎって姿すがたせるイボタガは、世界せかいでもめずらしいガの仲間なかまで、外国がいこく大変たいへん人気にんきがあります。幼虫ようちゅうはモクセイのイボタをはじめ、ネズミモチ、ヒイラギモクセイなどをべます。幼虫ようちゅうちいさいうちはからだなが突起とっき何本なんぼんえていますが、さなぎになるまえ幼虫ようちゅうでは突起とっきはなくなり普通ふつうのイモムシになり、つちもぐってさなぎ来年らいねんはるまでごします。

イボタガ

イボタガの終齢幼虫しゅうれいようちゅう

イボタガの幼虫ようちゅう

あそんでみよう

イベント