北山森クラブ

イヌシデ
Carpinus tschonoskii
カバノキ科
シデ属
神社じんじゃられるしめなわかみ細長ほそなってげたものを四手しでといいます。このはなえだからがってつく姿すがたがその四手しでによくているので、シデの名前なまえがあります。おおきく成長せいちょうするで、佐賀県さがけんでは唐津市からつし七山ななやま浮岳うきだけ巨木きょぼくることができます。
花が咲く時期
4~5月
実がなる時期
10月
分類:落葉高木
イヌシデの花
イヌシデの実
イヌシデの葉
イヌシデの樹皮

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

ヒメウコンカギバ

イヌシデ、アカシデ、クマシデなどシデの仲間なかまやわらかいので、おおくの昆虫こんちゅうべにあつまります。そのひとつがヒメウコンカギバです。成虫せいちゅうのガは黄色きいろ目立めだちますので、野外やがいでよくかけますが、20ねんほどまえ脊振山せふりさん中腹ちゅうふくでイヌシデをべている幼虫ようちゅう発見はっけんされるまでは幼虫ようちゅうられていませんでした。幼虫ようちゅうれたはな擬態ぎたいしているようです。

ヒメウコンカギバ

ヒメウコンカギバ幼虫ようちゅう

ヒメウコンカギバ幼虫ようちゅう

ヒメウコンカギバ幼虫ようちゅう

 

シロシャチホコ

本州から九州にかけて分布し、成虫は5~6月と8~9月の年2回見られます。明るく灰色っぽい、そして毛深い印象を持っています。幼虫は驚かせると、典型的なシャチホコガ科の特徴であるシャチホコ型にのけぞります。カバノキ科のアカシデ、イヌシデ、クマシデなどやブナ科、クルミ科、ニレ科、マンサク科、バラ科などかなり広範囲の植物を食べます。

あそんでみよう

イベント