北山森クラブ

イチイガシ
Quercus gilva
ブナ科
コナラ属
おおきくなって長生ながいきするなので、おてら神社じんじゃによくえられています。カシの仲間なかまではもっとおおきくなります。のふちはぎざぎざしていて、葉裏はうらにはちいさながたくさんえているので金色きんいろえます。のドングリはしぶみがなくればたべべれます。古代人こだいじん大切たいせつ食糧しょくりょうでした。木材もくざいかたいので、ふねをこぐ使つかわれています。
花が咲く時期
5月
実がなる時期
10月
分類:常緑高木
イチイガシの花
イチイガシの実
イチイガシの葉
イチイガシの樹皮

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

ミカドテントウ

全身ぜんしんくろちいさなミカドテントウというテントウムシがいます。30ねんぐらいまえまではミカドテントウはとってもめずしい昆虫こんちゅうでした。野山のやまをいくらさがしてもほとんつからない。ところが九州きゅうしゅうでミカドテントウがイチイガシの葉裏はうらあつまって越冬えっとうすることが発見はっけんされました。イチイガシはおも神社じんじゃえられており、さがすとおおくの場所ばしょつかるようになりました。

ミカドテントウ

ミカドテントウ

あそんでみよう

イベント