北山森クラブ

ヤマボウシ
Coruns kousa
ミズキ科
ミズキ属
しろはなびらのようにえるのは変化へんかしたものです。水平すいへいひろがったえだはなうえいてくので、したからはにくいことがあります。あきにつくあかくあまみがあってべれます。佐賀県さがけんでは山地さんちでふつうにることができるです。
花が咲く時期
5~6月
実がなる時期
9月
分類:落葉高木
ヤマボウシの花
ヤマボウシの実
ヤマボウシの葉
ヤマボウシの樹皮
ヤマボウシの冬芽

つながってるいきもの

ヤマボウシをべるガ
幼虫ようちゅうがヤマボウシ、ミズキ、クマノミズキなどをべるガが割合わりあいおおくいます。アオバシャチホコのようなごついかんじのガもいれば、ホシベッコウカギバのようになかばけたような繊細せんさいなガ、ちたとりふん擬態ぎたいしたマダラカギバ、まっているとれた部分ぶぶんにしかえないフタナミトビヒメシャク、ジャコウアゲハに擬態ぎたいするアゲハモドキなどです。
アオバシャチホコ

アゲハモドキ

フタナミトビヒメシャク

ホシベッコウカギバ

マダラカギバ

アゲハモドキ
7がつごろにミズキの葉裏はうらさがすと不思議ふしぎなものがつかります。しろ細長ほそながく、つのみたいなものがたくさんています。これはアゲハモドキというガの幼虫ようちゅうです。しろつの幼虫ようちゅう分泌物ぶんぴつぶつです。8がつになると成虫せいちゅうられますが、ジャコウアゲハにそっくりです。ジャコウアゲハは体内たいないどくつのでとりべませんから、それを真似まねしておなかまでそっくりなのです。
アゲハモドキ成虫せいちゅう

アゲハモドキ成虫せいちゅう

アゲハモドキ幼虫ようちゅう

アゲハモドキ幼虫ようちゅう

どくがあるジャコウアゲハ成虫せいちゅう

アトジロエダシャク(
はるにだけあらわれるです。

クロスジノメイガ(

ナガトガリバ(

フタナミトビヒメシャク(
2個体こたいもん不鮮明ふせんめいになります。オスは触角しょっかく櫛歯状くしばじょうひげがあります。また、後脚こうきゃく脛節けいせつけづめが2ついがメス、1ついがオスです。

ホシベッコウカギバ(

マダラカギバ(

わかるかな?(3択クイズ)

問題です。

答え
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。

佐賀とのつながり

イベント