北山森クラブ

ミズキ
Swida controversa
ミズキ科
ミズキ属
ミズキはからのみずうえげのつよで、春先はるさきえだると、そこからみずがしたたりおちちてきます。みずがミズキの名前なまえになりました。水平方向すいへいほうこうおおきくえだをはり、枝先えださきあかいです。木材もくざいいろしろく、こけしの材料ざいりょう使つかわれます。
花が咲く時期
5月
実がなる時期
9月
分類:落葉高木
ミズキの花
ミズキの実
ミズキの葉
ミズキの樹皮
ミズキの冬芽

ミズキのわかえだあか

つながってるいきもの

アゲハモドキ
7がつごろにミズキの葉裏はうらさがすと不思議ふしぎなものがつかります。しろ細長ほそながく、つのみたいなものがたくさんています。これはアゲハモドキというガの幼虫ようちゅうです。しろつの幼虫ようちゅう分泌物ぶんぴつぶつです。8がつになると成虫せいちゅうられますが、ジャコウアゲハにそっくりです。ジャコウアゲハは体内たいないどくつのでとりべませんから、それを真似まねしておなかまでそっくりなのです。
アゲハモドキ成虫せいちゅう

アゲハモドキ成虫せいちゅう

アゲハモドキ幼虫ようちゅう

アゲハモドキ幼虫ようちゅう

どくがあるジャコウアゲハ成虫せいちゅう

アトジロエダシャク(
はるにだけあらわれるです。

キアシドクガ
近年特きんねんとくられるようになったのが6月頃がつごろミズキやクマノミズキの枝先えださき集団しゅうだんまわるキアシドクガです。むかしはこのような現象げんしょうおぼえがないのですが、いまは、峠道とうげみちなどでミズキがえているとよくられます。まるでモンシロチョウがんでいるかのようです。成虫せいちゅう純白じゅんぱくはねち、あし黄色きいろえているのですぐに見分みわけがきます。
キアシドクガ幼虫ようちゅう

キアシドクガ成虫せいちゅう

アオバシャチホコ

アカハラゴマダラヒトリ(
はねがちょっと黄色きいろみがかっていれば近似種きんじしゅのキハラゴマダラヒトリです。はるはね黒点こくてんすくなめになります。

アメリカシロヒトリ(

キバネニセハムシハナカミキリ
はるから初夏しょかにかけて、カエデ・ハイノキなどのはなあつまります。

キバラエダシャク(

キムジシロナミシャク(

スギタニルリシジミ
ふかやま渓流沿けいりゅうぞいにられますが生息地せいそくちかぎられています。オスは河原かわらなどで集団しゅうだん吸水きゅうすいします。佐賀県さがけんでは多良岳たらだけ有名ゆうめいです。北海道ほっかいどう亜種あしゅ本州ほんしゅう亜種あしゅ九州きゅうしゅう亜種あしゅの3亜種あしゅかれています。

ナガトガリバ(

ハミスジエダシャク(
低丘陵地ていきゅうりょうちられる個体こたいくろっぽく、寒冷地かんれいちくとしろ個体こたいえます。

ヒトツメカギバ(

ヒメヤママユ(
中齢ちゅうれい幼虫ようちゅうまゆ先端せんたんするどとげち、接触せっしょくするといたみをかんじ、かる発赤はっせき丘疹きゅうしんしょうじます。短時間たんじかんなおります。
ヒメヤママユの成虫せいちゅう

ヒメヤママユの幼虫ようちゅう

フタテンシロカギバ(

マダラカギバ(

ルリシジミ
各種かくしゅはなるほか、オスは路上ろじょう吸水きゅうすいします。近年きんねん北上種ほくじょうしゅのヤクルリシジミのほうがよくかけられます。
ルリシジミの成虫せいちゅう


ルリシジミのたまご

ルリシジミの幼虫ようちゅう

わかるかな?(3択クイズ)

問題です。

答え
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。

佐賀とのつながり

イベント