北山森クラブ

ボロボロノキ
Schoepfia jasmimodora
ボロボロノキ科
ボロボロノキ属
えだがもろくかんたんにれてしまうのでボロボロノキの名前なまえがつけられました。これといってとりえもなく、人間にんげんにとってはやくたないですが、6がつにつくはベニツチカメムシにとって唯一ゆいいつきていくためのもの です。県民けんみんもりでもられるです。
花が咲く時期
3~4月
実がなる時期
6月
分類:落葉小高木
ボロボロノキの花
ボロボロノキの実
ボロボロノキの葉
ボロボロノキの樹皮

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

ベニツチカメムシ

ボロボロの子供こどもそだててるめずらしい習性しゅうせい佐賀さが研究者けんきゅうしゃによって発見はっけんされました。おやのカメムシがボロボロノキのくちしたまま幼虫ようちゅうたちが場所ばしょかえしてて、幼虫ようちゅうあたえる育児いくじ行動こうどうるのだそうです。ベニツチカメムシは灌木かんぼくなどに大群たいぐんかたまって成虫せいちゅう越冬えっとうしますが、その集団しゅうだんにはびっくりさせられます。成虫せいちゅう灯火ともしびんできます。

ベニツチカメムシ

集団しゅうだん越冬えっとうするベニツチカメムシ

集団しゅうだん越冬えっとうするベニツチカメムシ

集団しゅうだん越冬えっとうするベニツチカメムシ


集団しゅうだん越冬えっとうするベニツチカメムシ

あそんでみよう

イベント