北山森クラブ

イスノキ
Distylium racemosum
マンサク科
イスノキ属
アブラムシの仲間(なかま)()(むし)こぶをつくります。その(むし)こぶが(おお)きくなると(あな)()き、そこに(いき)()()むとヒューという(おと)がして、(ふえ)として(あそ)ぶことができます。成長(せいちょう)(おそ)木材(もくざい)(かた)いので、(かみ)をとく(くし)やそろばんの(たま)などが(つく)られていました。また、樹皮(じゅひ)()()やしてできる(はい)は「いすばい」と()い、有田焼(ありたやき)でうわぐすりを()めつける媒材(ばいざい)利用(りよう)されてました。(みき)(いろ)(あか)みを()びています。
花が咲く時期
4月
実がなる時期
10月
分類:常緑高木
イスノキの花
イスノキの実
2022.7.10 有田町黒髪山
イスノキの葉
2022.6.18 鳥栖市石谷山
イスノキの樹皮
イスノキの冬芽

イスノキにできた虫こぶ

つながってるいきもの

モンゼンイスアブラムシ
イスノキには何種類なんしゅるいものアブラムシによって様々さまざまかたちむしこぶがつくことがられていますが、なかでも一番いちばんおおきなむしこぶをつくるのはイスオオムネアブラムシです。かたくラグビーボールみたいなかたちふくらませます。あきわりにはまるあなき、おおくのアブラムシがします。まるでみたいなむしこぶは「ひょんの」とばれ、くとふえになります。

イスオオムネアブラムシ

イスノフシアブラムシ

モンゼンイスアブラムシ

ヤノイスアブラムシ

ヨシノミヤアブラムシ

アシズリエダシャク( 
2001ねん発見はっけん報告ほうこくされたしゅで、チャエダシャクにていますが、本種ほんしゅ後翅うしろばね外横線がいおうせんみじかく、グニャっとまがっています。オスは前翅まえばね外横線がいおうせん発達はったつよわく、翅脈しみゃくうえ点状てんじょうになります。また、本種ほんしゅ年末ねんまつ年始ねんしころおもに海岸かいがんちかくの常緑樹じょうりょくじゅあたたかいはやしられます。

トビイロカミキリ
クリなどのはなあつまり、灯火とうかにもます

ヤクシマルリシジミ
山中さんちゅうから海岸線かいがんせんまで普遍的ふへんてきにみられます。温暖化おんだんか現在げんざい分布域ぶんぷいき北上中ほくじょうちゅうです。
ヤクシマルリシジミの成虫せいちゅう

ヤクシマルリシジミのたまご

ヤクシマルリシジミの幼虫ようちゅう

わかるかな?(3択クイズ)

問題です。

答え
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。

佐賀とのつながり

イベント