北山森クラブ

アキグミ
Elaeagnus umbellata
グミ科
グミ属
秋に赤い実がじゅくすのでアキグミとばれます。実は小さく丸い形をしていてあじっぱいですが食べることができます。葉っぱの裏側うらがわは小さい毛がたくさんあって、銀色ぎんいろに光って見えます。やせ地でもよく育ちます。
花が咲く時期
5月
実がなる時期
10~11月
分類:落葉低木
アキグミの花
アキグミの実
アキグミの葉
アキグミの樹皮

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

グミオオウスツマヒメハマキ

北海道から屋久島まで分布し、暖地では3~10月に成虫が見られる小さなガで、茶色~焦げ茶色の翅の翅頂に目立つ大きく白い部分があります。幼虫はグミ科のナツグミやアキグミなどの葉を二枚重ね合わせた間隙に巣を作り、葉を裏側から薄くかじるので、かじられた部分は茶色く変色して枯れ、とても目立ちます。葉を剥がすと幼虫は素早く落下します。

あそんでみよう

イベント