北山森クラブ

クヌギ
Quercus acutissima
ブナ科
コナラ属
シイタケ栽培さいばい原木げんぼくとして利用するため山によく植えられています。夏になると樹液じゅえきにクワガタムシやカナブンなど多くの昆虫が集まってきます。丸いドングリでコマも作れます。クヌギの名前はクリに葉っぱがよくているので、栗似木くりにぎからクヌギになったと言われています。
花が咲く時期
4~5月
実がなる時期
翌年の9~11月
分類:落葉高木
クヌギの花
クヌギの実
クヌギの葉
クヌギの樹皮

シイタケ栽培用の原木として使用されます。

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

クヌギの樹液レストラン

クヌギといえばまずカブトムシやクワガタがおもかびますね。しかし樹液じゅえきあつまる昆虫こんちゅうはもっと色々いろいろいてカナブン、ヨツボシケシキスイ、オオキスイやスズメバチの仲間なかま、ハエの仲間なかまやチョウたちも色々いろいろあつまってくるし、よるになるとガの仲間なかまます。ボクトウガの幼虫ようちゅうが、昆虫こんちゅうあつめてべるためにかわをかじって樹液じゅえきるワナをしかけているのです。

オオスズメバチ

オオスズメバチとカナブン

カナブン

ガの仲間なかま  オオトモエ、カキバトモエ、ムクゲコノハ

カブトムシ

チョウの仲間なかま  ルリタテハ、ゴマダラチョウ、コムラサキ、サトキマダラヒカゲ

ミヤマクワガタ

ヤセバエ

ヨツボシオオキスイ

ヨツボシケシキスイ

あそんでみよう

イベント