北山森クラブ

イヌブナ
Fagus japonica
ブナ科
ブナ属
イヌブナはブナが()えているところより(すこ)標高(ひょうこう)(ひく)場所(ばしょ)()えます。(みき)(いろ)はブナは(しろ)っぽく、イヌブナは(くろ)っぽいのでクロブナとも()ばれます。()はどんぐりの仲間(なかま)()()がってつきます。佐賀県(さがけん)には自生(じせい)している()はありません。佐賀県(さがけん)林業(りんぎょう)試験場(しけんじょう)と21世紀(せいき)県民(けんみん)(もり)学習(がくしゅう)(もり)()えられた()()ることができます。
花が咲く時期
5月
実がなる時期
10月
分類:落葉高木
イヌブナの花
イヌブナの葉
イヌブナの樹皮
イヌブナの冬芽

つながってるいきもの

ウグイスシャチホコ(
九州きゅうしゅうではブナたいまで標高ひょうこうげないとられません。オスの触角しょっかくつよ鋸歯状きょしじょうをしています。スズキシャチホコにます。

アトジロエダシャク(
はるにだけあらわれるです。

ウスクモエダシャク(

クロオビフユナミシャク

ウスバミスジエダシャク(
前後ぜんごはね横脈紋おうみゃくもんが4つの細長ほそながのようにえます。オオバナミガタエダシャクにていますが、横脈紋おうみゃくもん状態じょうたいとく後翅こうし横脈紋おうみゃくもん本種ほんしゅでは楕円形だえんけいもんなか細長ほそなが線状せんじょう淡色部たんしょくぶがあります。裏側うらがわ前翅ぜんし先端部せんたんぶ淡白色たんはくしょくもんがありません。

ゴマシオキシタバ(

シロオビフユシャク(

シロシャチホコ
本州ほんしゅうから九州きゅうしゅうにかけて分布ぶんぷし、成虫せいちゅうは5~6がつと8~9がつねんかいられます。あかるく灰色はいいろっぽい、そして毛深けぶか印象いんしょうっています。幼虫ようちゅうおどろかせると、典型的てんけいてきなシャチホコガ特徴とくちょうであるシャチホコがたにのけぞります。カバノキのアカシデ、イヌシデ、クマシデなどやブナ、クルミ、ニレ、マンサク、バラなどかなり広範囲こうはんい植物しょくぶつべます。
シロシャチホコ成虫せいちゅう

シロシャチホコ終齢幼虫しゅうれいようちゅう

ヒメシロドクガ(

フジミドリシジミ
山地性さんちせいしゅで、生息地せいそくち連続れんぞくしていません。早朝そうちょう山道やまみちなどにりてはねかわかすのがられます。日中にっちゅう樹上じゅじょうにおり、ときたまはな吸蜜きゅうみつします。

マルモンシャチホコ(
典型的てんけいてきなブナたいのガです。

わかるかな?(3択クイズ)

問題です。

答え
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。

佐賀とのつながり

イベント

イヌブナの紅葉〈2022.11.25 21世紀県民の森〉