北山森クラブ

カナメモチ
Photinia glabra
バラ科
カナメモチ属
木材(もくざい)はたいへん(かた)く、(かま)()車軸(しゃじく)(おうぎ)(かなめ)使(つか)われます。カナメモチの名前(なまえ)はそこからついたものです。また、新芽(しんめ)(あざ)やかな紅色(べにいろ)になりたいへんきれいで、アカメノキとも()ばれます。(はる)(しろ)小花(こばな)(あつ)まって()きます。丈夫(じょうぶ)()()()みにも(つよ)いので、生垣(いけがき)(おお)利用(りよう)される()でもあります。()には光沢(こうたく)があり、まわりのふちはぎざぎざしています。
花が咲く時期
4~5月
実がなる時期
10月
分類:常緑小高木
カナメモチの花
カナメモチの実
カナメモチの葉
カナメモチの樹皮
カナメモチの冬芽

はるわかじゅん黄緑きみどりみどりあか三色さんしょくまじじってうつくしい

つながってるいきもの

ルリカミキリ
幼虫ようちゅうはカナメモチ、ハナカイドウ、サクランボなどの生木なまき樹皮下じゅひしたらします。べたあとうす樹皮じゅひした繊維せんいまった食痕しょっこんのこります。成虫せいちゅうはこれらの樹木じゅもく葉裏はうらにとまり、中心ちゅうしん葉脈ようみゃくべ、特徴的とくょうてき食痕しょっこんします。かなり敏感びんかんなカミキリで、そっとゆっくりちかづかなければんでげられてしまいます。発生地はっせいちせまく、かなり局所的きょくしょてきです。
ルリカミキリ成虫せいちゅう


ルリカミキリ成虫せいちゅう食痕しょっこん

ルリカミキリ幼虫ようちゅう食痕しょっこん

ヒロヘリアオイラガ
おも市街地しがいち果樹園かじゅえんなどでられる外来種がいらいしゅです。幼虫ようちゅうかるさわっただけでします。かなりいたいです。幼虫ようちゅうはアオイラガにていますが、本種ほんしゅ幼虫ようちゅうは、背中せなか中央ちゅうおうほそ暗色あんしょく縦筋たてすじがあり、2れいぐらいまでは集団しゅうだん行動こうどうります。
ヒロヘリアオイラガの成虫せいちゅう

ヒロヘリアオイラガの幼虫ようちゅう

ベニカミキリ
竹林ちくりんられるほかアブラナ・クリ・ハクウンボク・カナメモチなどのはなにもあつまります。

わかるかな?(3択クイズ)

問題です。

答え
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。

佐賀とのつながり

イベント