北山森クラブ

ハマボウ
Hibiscus hamabo Sieb.et Zucc.
アオイ科
フヨウ属
佐賀県さがけんでは、玄海地域げんかいちいき海岸かいがんられます。あたたかい場所ばしょそだです。黄色きいろはなうつくしいので公園こうえんいえにわにもえられています。はまえるホオノキのようなおおきいっぱをつけたなので、ハマボウの名前なまえがあります。
花が咲く時期
7~8月
実がなる時期
10月
分類:落葉低木
ハマボウの花
ハマボウの実
ハマボウの葉
ハマボウの樹皮
ハマボウの冬芽

つながってるいきもの

モンキアゲハ
ハマボウは河口かこうにちかい川岸かわぎし海岸かいがん沿いにえているのがられ、あつ時期じきにはしげって日陰ひかげつくるので、大型おおがたくろっぽいアゲハチョウの仲間なかまあつまってきます。くろいチョウはくら日陰ひかげにいると目立めだたないからとりなどにべられないのです。とくによくるのがモンキアゲハです。ハマボウのみつ大好だいすきらしく、日陰ひかげ沿ってんできているのをよくかけます。
モンキアゲハ成虫せいちゅう



カクモンノメイガ(

チャミノガ(

ヒメシロモンドクガ(
幼虫ようちゅう毒針毛どくしんもうはありませんが、つよ接触せっしょくによりかる赤味あかみ、1時間じかん以内いないなおります。
ヒメシロモンドクガの成虫せいちゅう

ヒメシロモンドクガの幼虫ようちゅう

フタトガリコヤガ
フヨウは人里ひとざとえられ樹木じゅもくですので、おおきなはなはよくきます。はなうつくしいのですが、はしばしば虫害ちゅうがいってボロボロでみすぼらしかったりします。とく庭先にわさき公園こうえんでこのようなフヨウをます。べたのはフタトガリコヤガというガの幼虫ようちゅうです。緑色みどりいろのスリムな幼虫ようちゅうくろちいさなてんがたくさんられ、おしり近所きんじょあかいワンポイントがあります。
フタトガリコヤガ幼虫ようちゅう

モモノゴマダラノメイガ(
モモノゴマダラノメイガの成虫せいちゅう

モモノゴマダラノメイガの幼虫ようちゅう

ワタノメイガ
成虫せいちゅうはねうす黄色きいろくろすじ斑紋はもん複雑ふくざつからまった模様もようをしており、やや小型こがたのガです。幼虫ようちゅうはアオイのワタ、フヨウ、ムクゲ、アオギリなどの筒状つつじょういてもぐみ、まわりのべます。ひらこうとすると大慌おおあわてでします。日本全国にほんぜんこく分布ぶんぷしていますが、さむ北海道ほっかいどうではねんかい九州きゅうしゅうなどあたたかい地方ちほうではねん回以上成虫かいいじょうせいちゅうてきます。
ワタノメイガ成虫せいちゅう

わかるかな?(3択クイズ)

問題です。

答え
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。

佐賀とのつながり

イベント