北山森クラブ

イボタノキ
Ligustrum obtusifolium
モクセイ科
イボタノキ属
山野さんやでふつうにられるです。生垣いけがきえられることがおおでもあります。イボタノキのえだにはイボタカイガラムシがつき、イボタロウというしろいろうをつくります。このろうを使つかってむかしは、家具かぐのつやしやのすべりをよくするのに使つかわれました。またイボタノキのはしでごはんをべると短気たんきなおるというつたえがあります。
花が咲く時期
7月
実がなる時期
10月
分類:落葉低木
イボタノキの花
イボタノキの実
イボタノキの葉
イボタノキの樹皮

つながってるいきもの

イボタガ
がつから4がつごろの早春そうしゅんかぎって姿すがたせるイボタガは、世界せかいでもめずらしいガの仲間なかまで、外国がいこく大変たいへん人気にんきがあります。幼虫ようちゅうはモクセイのイボタをはじめ、ネズミモチ、ヒイラギモクセイなどをべます。幼虫ようちゅうちいさいうちはからだなが突起とっき何本なんぼんえていますが、さなぎになるまえ幼虫ようちゅうでは突起とっきはなくなり普通ふつうのイモムシになり、つちもぐってさなぎ来年らいねんはるまでごします。特徴的とくちょうてき模様もようをしているため、ほかのガと見誤みあやまることはありません。おどろくと前翅ぜんしまえにあげ、後翅こうし目玉めだま模様もようして威嚇いかくします。
イボタガの成虫せいちゅう

イボタガの終齢幼虫しゅうれいようちゅう

イボタガの幼虫ようちゅう

アカホシヒメアオシャク

ウラゴマダラシジミ
イボタるいがはえる湿地しっち川沿かわぞいでられ、イボタやクリでよく吸蜜きゅうみつします。

キバラエダシャク(

サザナミスズメ(

シモフリスズメ(
幼虫ようちゅうには緑色型りょくしょくがた褐色型かっしょくがたがあり、褐色型かっしょくがた個体こたいによって紫色むらさきいろ斑紋はんもん変異へんいおおきいです。その幼虫ようちゅう特徴とくちょうは、尾角びかく表面ひょうめんがツブツブじょう側面そくめん斜線条しゃせんじょうとその先端せんたんからている背中せなか逆八さかさ字紋じもん胸節きょうせつにあるツブじょうのラインなどで見分みわけます。
シモフリスズメの成虫rt>せいちゅう

シモフリスズメの幼虫rt>ようちゅう

ツマグロシロノメイガ(

ヒメシロノメイガ(

ホシシャク(
幼虫ようちゅうあらいとりめぐらして集団しゅうだん生活せいかつし、さなぎいとちゅうづりになります。

マエアカスカシノメイガ(
成虫せいちゅうのオスの尻尾しりおにはくろ毛束けたばがあります。みなみほうでは年中ねんじゅういます。

わかるかな?(3択クイズ)

問題です。

答え
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。

佐賀とのつながり

イベント