北山森クラブ

イヌビワ
Ficus erecta
クワ科
イチジク属
メスの木とオスの木があります。メスの木の実はじゅくすと食べれますが、オスの木の実はかたくて食べれません。標高ひょうこうの低いところでふつうに見れる木です。小枝こえだきずつけると白い乳液にゅうえきが出てきます。実がビワの実の形ににているけれどなりという意味いみでイヌビワの名前があります。
花が咲く時期
8月
実がなる時期
10月
分類:落葉小高木
イヌビワの実
イヌビワの葉
イヌビワの樹皮

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

イシガケチョウ
イシガケチョウ(チョウ)、イヌビワヒメハマキ(ガ)などの幼虫ようちゅうべますが、イヌビワはかじられるとしろいネバネバするえきします。このネバネバえきるために普通ふつう昆虫こんちゅうはいやがってべないのですが、イシガケチョウの幼虫ようちゅうあたまがよく、しるとおうら葉脈ようみゃくまえもってなんしょもかじって切断せつだんし、しるなくなった葉先はさきをおいしくべます。

イシガケチョウ終齢幼虫しゅうれいようちゅう


イシガケチョウ成虫せいち


イシガケチョウさなぎ

葉脈ようみゃくをイシガケチョウ幼虫ようちゅうがかじったあと

葉脈ようみゃくをかじるイシガケチョウ2れい幼虫ようちゅう

あそんでみよう

イベント