北山森クラブ

ヤブニッケイ
Cinnamomum japonicum
クスノキ科
クスノキ属
佐賀県さがけんでは海岸付近かいがんふきんからたかやままでひろ範囲はんいでふつうにられるです。枝葉えだはからはスーッとするいいにおいがします。シナモンとよばれるニッケイはこのとおなじ仲間なかまで、お菓子かし料理りょうり香辛料こうしんりょうとして使つかわれています。おおきく成長せいちょうするでもあります。
花が咲く時期
6月
実がなる時期
11~12月
分類:常緑高木
ヤブニッケイの花
ヤブニッケイの実
ヤブニッケイの葉
ヤブニッケイの樹皮
ヤブニッケイの冬芽

つながってるいきもの

アオスジアゲハ
クスノキ、ヤブニッケイ、タブノキなどのクス科植物かしょくぶつべる身近みじかなチョウにアオスジアゲハがいます。くろあかるい青緑あおみどり斑紋はんもんならべ、こずえ敏捷びんしょうまわるかっこいいチョウで、どもたちはぜひつかまえたいとおもうようです。普通ふつうだとなかなかネットのとど範囲はんいにはないのですが、アザミ、トベラ、ノブドウ、ソクズなどのはなてばやってきます。

アオスジアゲハ終齢幼虫しゅうれいようちゅう

アオスジアゲハさなぎ

アオスジアゲハ成虫せいちゅう

ウスクモエダシャク(

クスベニカミキリ
からだ円筒形えんとうけいあかく、ふとくてくろ触角しょっかくをピンとまえそろえて独特どくとく格好かっこうをしているのがクスベニカミキリです。むかしはアカメガシワのはななどにまわるのがられましたが、最近さいきんはなぜか急激きゅうげきにいなくなっています。食樹しょくじゅったわけではないのです。幼虫ようちゅうはクスノキ、タブなどのほそ枝先えださき内部ないぶべます。小指こゆびぐらいの部分ぶぶんからとす生態せいたいがあります。
クスベニカミキリ

ホシベニカミキリ
成虫せいちゅうおもにタブノキの樹木じゅもくにあつまって新梢しんしょう樹皮じゅひべ、太枝ふとえだ樹皮じゅひ楕円形だえんけいにかじりって産卵さんらんします。かじられた新梢しんしょうれて黒変こくへんするので、本種ほんしゅがいることが遠目とおめにもわかります。

わかるかな?(3択クイズ)

問題です。

答え
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。

佐賀とのつながり

イベント