北山森クラブ

ハンノキ
Alnus japonica
カバノキ科
ハンノキ属
湿しめった土地とちによくえるです。水田すいでんのあぜにえてったいねをかける支柱しちゅうとして使つかわれていました。には根粒菌こんりゅうきんっており、やせたつち栄養えいようゆたかなつちにかえる役目やくめ/rt>もします。若葉わかばはミドリシジミの幼虫ようちゅうなど昆虫こんちゅうこのみます。
花が咲く時期
3月
実がなる時期
10月
分類:落葉高木
ハンノキの花
ハンノキの実
ハンノキの葉
ハンノキの樹皮

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

ミドリシジミ

マニアはこぞってあつめたがるグループのチョウにミドリシジミの仲間なかまがいます。一般いっぱんにはゼフィルスとばれているグループで、北方ほっぽう起源きげんですからたまご越冬えっとうねん一度いちど成虫せいちゅうます。だいたいオスはメタリックな緑色みどりいろはねち、メスはあかあお、あるいは両方りょうほう部分ぶぶんがあります。ハンノキをべるこのミドリシジミは九州きゅうしゅうでは中部ちゅうぶ九州きゅうしゅう高所こうしょにしかいません。

ハンノキにうまれたミドリシジミのたまご

ミドリシジミのメス成虫せいちゅう

 

あそんでみよう

イベント