北山森クラブ

ネズミモチ
Ligustrum japonicum
モクセイ科
イボタノキ属
実が冬に黒くじゅくして、ちょうどそれがネズミのふんににているので、ネズミモチの名前がつきました。佐賀県では山地さんちでふつうに見られ、どこでもそだち、丈夫じょうぶ日陰ひかげにも病虫害びょうちゅうがいにも強いので生垣いけがき に利用されます。
花が咲く時期
5月
実がなる時期
11月
分類:常緑小高木
ネズミモチの花
ネズミモチの実
ネズミモチの葉
ネズミモチの樹皮

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

イボタガ

イボタなどとおなじくイボタガの幼虫ようちゅうべます。イボタガの仲間なかまひがしヨーロッパから中東ちゅうとうひがしアジアにかけて分布ぶんぷしていますが、それぞれの地方ちほうすこしずついろかたちちがい、種類しゅるいちがいます。面白おもしろいことに2種類しゅるい以上いじょうじってんでいる地方ちほうはなく、日本にほんもイボタガ1しゅしかいません。イボタガの仲間なかま独特どくとく色合いろあいと模様もようっているので、たいへん人気にんきがあります。

イボタガ成虫せいちゅう

イボタガ若齢じゃくれい幼虫ようちゅう

イボタガ中齢ちゅうれい幼虫ようちゅう

イボタガ終齢しゅうれい幼虫ようちゅう

あそんでみよう

イベント