北山森クラブ

ナンキンハゼ
Sapium sebiferum
トウダイグサ科
ナンキンハゼ属
むかし中国ちゅうごくから入ってきた木です。ハゼと同じようにこの木の実からロウソクを作るため栽培さいばいされていました。中国ちゅうごく意味いみするナンキンのハゼということでナンキンハゼの名前がついています。ハゼと名前がついていますが、この木はかぶれることはありません。秋には葉っぱがになってたいへんきれいです。
花が咲く時期
6~7月
実がなる時期
11月
分類:落葉高木
ナンキンハゼの花
ナンキンハゼの実
ナンキンハゼの葉
ナンキンハゼの樹皮

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

ナンキンキノカワガ

幼虫ようちゅうはナンキンハゼやシラキをべ、ねんに3かいほど成虫せいちゅうてきます。ナンキンハゼは街路樹がいろじゅなどとしてえられていることがおおいので、ナンキンキノカワガも街中まちなかでもよくることができます。さなぎになるときにまゆまわりのものをくっつけるので、をつけてみないとまゆがあることを見落みおとしてしまいます。まゆさわるとなかさなぎはげしくうごき、おおきなおとします。

ナンキンキノカワガ

ナンキンキノカワガ

ナンキンキノカワガ幼虫ようちゅう

ナンキンキノカワガ幼虫ようちゅう

あそんでみよう

イベント