北山森クラブ

アキニレ
Ulmus parvifolia
ニレ科
ニレ属
アキニレのニレは樹皮じゅひぐと粘液ねんえきて、れた状態じょうたいになるのでれがニレになったとわれています。ちいさくゆびでこするとざらつきます。樹皮じゅひはところどころはげちてパズルのような模様もようになります。あきには黄色きいろいろづききれいです。木材もくざいかた木槌きづち頭部とうぶ使つかわれます。
花が咲く時期
9月
実がなる時期
10月
分類:落葉高木
アキニレの花
アキニレの実
アキニレの葉
アキニレの樹皮

樹皮じゅひはところどころはげちパズル模様もようになる

あきには黄色きいろいろづく

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

ニレハムシ
ニレハムシは幼虫ようちゅう成虫せいちゅうともにアキニレやケヤキのをボロボロにたべてしまいます。薄茶色うすちゃいろうすはねったちいさなコウチュウで、おもうらられます。ねんに2ほど発生はっせいし、幼虫ようちゅう薄黄色うすきいろくろちいさな斑点はんてんがたくさんあり、芋虫型いもむしがたです。幼虫ようちゅう地中ちちゅうなどでさなぎになります。あきた2回目かいめ成虫せいちゅうかわあいだや、なかなどで成虫せいちゅう越冬えっとうします。

ニレハムシ成虫せいちゅう

ニレハムシ成虫せいちゅう食痕しょっこん

ニレハムシ食痕しょっこん

あそんでみよう

イベント