北山森クラブ

アカメガシワ
Mallotus japonicus
トウダイグサ科
アカメガシワ属
日当ひあたりのよい場所でふつうに見られる木です。木が伐採ばっさいされたあとに最初さいしょに出てくる木でもあります。若葉わかばの色が赤く葉の形がカシワにていることから、アカメガシワという名前がつきました。そのむかしこの葉っぱは食べ物をるためのおさらとして使われていました。
花が咲く時期
6月
実がなる時期
9~10月
分類:落葉高木
アカメガシワの花
アカメガシワの実
アカメガシワの葉
アカメガシワの樹皮

芽や若葉の色が赤いことから「アカメガシワ」の名がつきました。

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

アリとの共生きょうせい

わかではふちにはアリのためにみつ蜜腺みつせんがあり、あまいものが大好だいすきなアリがあつまっています。アリは餌場えさばにくるほか昆虫こんちゅうにすぐにみつきます。蜜腺みつせんにアリがいたら、べたいガの幼虫ようちゅうなどはそこをとおけることができずに、べることができません。植物しょくぶつみつすことでアリにまもってもらっています。あたまがいいですね。

散在さんざいする蜜腺みつせんあつまるアリ

蜜腺みつせんあつまるアミメアリ

蜜腺みつせんあつまるシリアゲアリ

蜜腺みつせんあつまるヒメアリ

 

あそんでみよう

イベント