北山森クラブ

アカマツ
Pinus densiflora
マツ科
マツ属
木のみきの色が赤いのでアカマツとよばれています。アカマツは山に、クロマツは海に近いところにえています。やせ地でもよく育つ木で、元気なアカマツの森にはマツタケができます。マツタケはアカマツの共生きょうせいしています。やすと火力かりょくが強いので、有田町ありたまちなどのき物づくりの燃料ねんりょうとしてたくさん使われていました。またこの木でタイマツが作られていたので漢字かんじでは松明たいまつと書きます。
花が咲く時期
4月
実がなる時期
10月
分類:常緑高木
アカマツの花
アカマツの実
アカマツの葉
アカマツの樹皮

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

マツノマダラカミキリ

外国がいこくから輸入ゆにゅうされた材木ざいもくについて日本にほんはいってきたマツノザイセンチュウが、もとからいたマツをべるマツノマダラカミキリの生態せいたいっかってマツのなかはいみ、次々つぎつぎ松林まつばやしらしています。アカマツもクロマツも松枯まつがびょうにかかり、海岸かいがんうつくしかった松林まつばやしなどでおおくのマツがれてしまうなど、被害ひがい全国ぜんこくひろがって大変たいへんなことになっています。

はじめたアカマツ

えだをかじるマツノマダラカミキリ

樹皮下じゅひかられる幼虫ようちゅう食痕しょっこん

たおされた被害木ひがいぼく

あそんでみよう

イベント