北山森クラブ

アカガシ
Quercus acuta
ブナ科
コナラ属
佐賀県さがけんでは標高ひょうこう500~900mのたかやまえています。のドングリは2ねんかかって成熟せいじゅくします。木材もくざいあかいのでアカ、かたいのでカシという名前なまえがつきました。たいへんかたなので、木刀ぼくとうやカンナのだい材料ざいりょうとして使つかわれます。おおきくなると樹皮じゅひ目立めだつようになります。
花が咲く時期
4~5月
実がなる時期
翌年11月
分類:常緑高木
アカガシの花
アカガシの実
アカガシの葉
アカガシの樹皮

若葉わかばをこするとちいさな粉状こなじょうになる。それがあかのようなのでアカガシとばれる由来ゆらいになったともわれてる。

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

キリシマミドリシジミ
脊振山地せふりさんちの600m以上いじょうたかさのところにえるアカガシにはキリシマミドリシジミというチョウがんでいます。たまごふゆし、新芽しんめころ幼虫ようちゅうがかえってやわらかいべ、7がつ~8がつになると成虫せいちゅうられます。オスのはねうらしろおもてきん    みどりいろですが、メスのうらくら模様もようはいおもてはね中央部ちゅうおうぶあおむらさきいろです。オスはアカガシのうえばやまわります。

キリシマミドリシジミ♀成虫せいちゅう

キリシマミドリシジミ♂成虫せいちゅう

キリシマミドリシジミ♂成虫せいちゅう

キリシマミドリシジミたまご

シロスジカミキリ
日本産にほんさんでは横綱級よこづなきゅうおおきなカミキリムシです。つかまえるとむね部分ぶぶん伸縮しんしゅくさせてギーギーときます。昼間ひるまはアカガシやアラカシのこずえにいてえだかわをかじってべていますが、よるになるとみきまでりてきて樹皮じゅひんできずつけ、そこに産卵さんらんします。一個いっこんだらすこよこうごいてまた産卵さんらんかえしますので、みきよこいたような産卵痕さんらんこんのこります。

シロスジカミキリ成虫せいちゅう

シロスジカミキリ産卵痕さんらんこん

シロスジカミキリ幼虫ようちゅう食害しょくがい

シロスジカミキリ幼虫ようちゅう食痕しょっこん

あそんでみよう

イベント