北山森クラブ

クヌギ
Quercus acutissima
ブナ科
コナラ属
シイタケ栽培さいばい原木げんぼくとして利用するため山によく植えられています。夏になると樹液じゅえきにクワガタムシやカナブンなど多くの昆虫が集まってきます。丸いドングリでコマも作れます。クヌギの名前はクリに葉っぱがよくているので、栗似木くりにぎからクヌギになったと言われています。
花が咲く時期
4~5月
実がなる時期
翌年の9~11月
分類:落葉高木
クヌギの花
クヌギの実
クヌギの葉
クヌギの樹皮

シイタケ栽培用の原木として使用されます。

つながってるいきもの

クヌギの樹液じゅえきレストラン

クヌギといえばまずカブトムシやクワガタがおもかびますね。しかし樹液じゅえきあつまる昆虫こんちゅうはもっと色々いろいろいてカナブン、ヨツボシケシキスイ、オオキスイやスズメバチの仲間なかま、ハエの仲間なかまやチョウたちも色々いろいろあつまってくるし、よるになるとガの仲間なかまます。ボクトウガの幼虫ようちゅうが、昆虫こんちゅうあつめてべるためにかわをかじって樹液じゅえきるワナをしかけているのです。

オオスズメバチ

オオスズメバチとカナブン

カナブン

ガの仲間なかまオオトモエ、カキバトモエ、ムクゲコノハ

カブトムシ

チョウの仲間なかま  ルリタテハ、ゴマダラチョウ、コムラサキ、サトキマダラヒカゲ

ミヤマクワガタ

ヤセバエ

ヨツボシオオキスイ

ヨツボシケシキスイ

ヤママユ

幼虫ようちゅうはクリ、クヌギ、シデなどをべ、成虫せいちゅうは8がつ下旬げじゅんから9がつ上旬じょうじゅんにかけてあらわれる大型おおがたのガです。成虫せいちゅう個体こたいによって様々さまざま色合いろあいがあり、もっともバラエティーにんだガのひとつです。やまでははやはそろそろ紅葉こうようはじまりますが、そのいろ真似まねているのでしょうか。これら食樹しょくじゅにはそろってふちにそって突起とっきがあり、幼虫ようちゅうえるはそれを真似まねているようです。

ヤママユのオス

ヤママユのオス

ヤママユのオス

ヤママユのオス

ヤママユのオス

ヤママユのオス

ヤママユのメス

ヤママユのメス

ヤママユのメス

ヤママユの若齢じゃくれい幼虫ようちゅう

ヤママユの終齢しゅうれい幼虫ようちゅう

ヤママユの終齢しゅうれい幼虫ようちゅう

ヤママユのさなぎ

ヤママユのたまご

アカシジミ

九州きゅうしゅうひくやまおかではアカシジミはとてもめずらしいチョウでした。しかし最近さいきん所々ところどころかけられるようになりました。幼虫ようちゅうはコナラやクヌギをべますが、すみつくるためのはやし伐採ばっさいがなくなり、コナラがおおきくそだったからではないかとおもわれます。5がつ下旬げじゅんから6がつにかけて成虫せいちゅう発生はっせいします。午後ごごから夕方ゆうがたにかけてコナラの樹上じゅじょう活発かっぱつびまわります。

アカシジミ成虫せいちゅう



やってみよう!

わかるかな?(3択クイズ)

×不正解
×不正解
×不正解

佐賀とのつながり

イベント