北山森クラブ

クスノキ
Cinnamomum campphora
クスノキ科
クスノキ属
たいへん長生ながいきし大きくなる木です。葉っぱはもむと強いにおいがします。むかしはこの木から樟脳しょうのう防虫剤ぼうちゅうざいなどに使っていました。佐賀県の県の木に指定していされています。
花が咲く時期
5月
実がなる時期
9月
分類:常緑高木
クスノキの花
クスノキの実
クスノキの葉
クスノキの樹皮

鹿児島県蒲生の大楠(日本一)

佐賀とのつながり

つながってるいきもの

クスベニカミキリ

からだ円筒形えんとうけいあかく、ふとくてくろ触角しょっかくをピンとまえそろえて独特どくとく格好かっこうをしているのがクスベニカミキリです。むかしはアカメガシワのはななどにまわるのがられましたが、最近さいきんはなぜか急激きゅうげきにいなくなっています。食樹しょくじゅったわけではないのです。幼虫ようちゅうはクスノキ、タブなどのほそ枝先えださき内部ないぶべます。小指こゆびぐらいの部分ぶぶんからとす生態せいたいがあります。

クスベニカミキリ

あそんでみよう

イベント