北山森クラブ

シダレヤナギ
Salix babylonica L.
ヤナギ科
ヤナギ属
むかし中国ちゅうごくから日本にほんはいってきたです。えだがるやなぎなのでシダレヤナギとばれています。佐賀県さがけんにはシダレヤナギが2種類しゅるいあるとわれています。枝葉えだは細長ほそなが風情ふぜいがあり、柳眉りゅうび女性じょせいほそまゆ)、柳腰やなぎごし女性じょせいほそこし)などうつくしいことの比喩ひゆもちいられます。
花が咲く時期
3月
実がなる時期
4月
分類:落葉高木
シダレヤナギの花
シダレヤナギの実
シダレヤナギの葉
シダレヤナギの樹皮
シダレヤナギの冬芽

つながってるいきもの

アカイラガ(
幼虫ようちゅうおおきな突起とっきに、さら二次にじとげっていますが、イラガなかとげはかなりほそほうです。
アカイラガの成虫せいちゅう

アカイラガの幼虫ようちゅう

イタヤカミキリ
幼虫ようちゅうはヤナギ・ヤマハンノキ・イタヤカエデ・カツラなどの材内ざいない加害かがいします。通常つうじょうは2ねん1世代せだいです。成虫せいちゅうきた立木りゅうぼく樹皮じゅひたてながくかみり、特徴的とくちょうてき産卵痕さんらんこんつくり、一箇所いっかしょ多数たすう産卵さんらんします。

ウスバカミキリ
昼間ひるま食樹しょくじゅうろ樹皮じゅひしたひそみ、夜間やかんあるまわって活動かつどうします。灯火ともしびにも飛来ひらいします。
ウスバカミキリの成虫せいちゅう


ウスバカミキリの食害しょくがいけたシダレヤナギ

ウチスズメ(

クロマダラエダシャク(

クワゴマダラヒトリ(
クワゴマダラヒトリの成虫せいちゅう

クワゴマダラヒトリの幼虫ようちゅう

クワゴモドキシャチホコ(
クワゴにいているという意味いみでつけられた名前なまえです。しかしクワゴははねひらいてとまり、クワゴモドキシャチホコははね屋根やねがたにたたんでとまります。

イラガ(
幼虫ようちゅう肉質にくしつ突起とっきじょう多数たすう毒棘どくばりっており、接触せっしょく毒液どくえき注射ちゅうしゃ激痛げきつうあたえます。された部分ぶぶんあかれますが、3くらいなおります。カキの枝先えださきなどでかけられるしろっぽいまゆは、非常ひじょうかたく、くろ帯状おびじょう模様もようはいろいろがありますが、全体的ぜんたいてき褐色かっしょくのものもあります。
イラガの成虫せいちゅう

イラガの幼虫ようちゅう

イラガのまゆ

ゴマダラカミキリ
生木なまぎみききずをつけて産卵さんらんします。幼虫ようちゅう内部ないぶべるため、ミカンなどの果樹かじゅでは被害ひがいおおきいです。
ゴマダラカミキリの成虫せいちゅう

ゴマダラカミキリがつけたきず

わかるかな?(3択クイズ)

問題です。

答え
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。
不正解ふせいかい
不正解ふせいかいです。

佐賀とのつながり

イベント