北山森クラブとは?

北山森クラブが掲げる3つのテーマ

多くの人に森の魅力を伝え、暮らしの中で森や自然と触れ親しむことが出来る場所へ

森や自然に関わる体験を通して、身近にある自然を見つめなおすきっかけにつながるような施設を目指します。

北山森クラブでは、「森に親しむ」「森を育てる」「森を活用する」の3つをテーマに取り組んでいます。

「森に親しむ」~森でわくわくを発見しよう!~

森を楽しみ隊野イチゴ摘み

□森林・緑の体験教室の開催□
年間を通して季節の森や自然を楽しむ体験教室を行っています。親子向けの「森を楽しみ隊」、森のクラフトを楽しむ「緑のふれあい体験教室」、森の男女出会いイベントの「森コン」のと3つのカテゴリーで開催します。

自然の色を発見する色さがしビンゴ

□団体利用者への森の体験指導□
小学校や子どもクラブ等への森を知って楽しむ体験プログラムづくりや指導を行っています。季節に合わせた体験で森に親しみ、自然の中で活動することの素晴らしさを伝えていきます。

「森を活用する」~森は宝の山!~

森のクラフト体験

□森のクラフト体験「きのみいちば」□
木の実や枝、葉っぱなど自然の素材を活用したクラフト体験が出来ます。自然の素材は形や色がそれぞれ違っておもしろい!想像力をはたらかせてオリジナルの作品をつくってみましょう。

木質ペレット

□森林資源の活用□
森を整備した時に出る除伐材等を活用して薪の製造やクラフト資材をつくっています。またクリーク棒材等の木くずを利用して木質ペレットの製造も行っています。様々な森林資源の活用を提案していきます。

「森を育てる」~いきものが集まる豊かな森をつくろう~

植樹した森

□いきものが集まる森づくり□
北山森クラブの前には、90種類の木が植えてあります。実のなる木や、特徴的な香りがする木など樹木観察をして楽しむこともできます。また、様々な種類の木を植えることで、いきものが住みやすい豊かな森づくりを目指しています。

SAGA森の案内人クラブ活動

□SAGA森の案内人クラブ□
さが21世紀県民の森周辺の森の整備や、植樹イベント等での指導などボランティア活動の一環として行っています。